行政書士寺村事務所へようこそ

滋賀県彦根市の行政書士です。自動車の車庫証明や、名義変更。家系図作成のお手伝いをしています。
 0749-21-3317
お問い合わせ

車庫証明

自動車を新規に購入した場合、あるいは、自動車を他人から譲り受けた場合(名義変更)、あるいは、引っ越しなどで自動車の保管場所を変更した場合(住所変更)の際は 、 自動車の登録手続きや名義変更の手続きが必要ですが、この手続きには自動車の保管場所を証明する書類が必要です。

自動車は、違法駐車を抑制するため、その保管場所の登録が必須の事項となっており、自動車の保管場所については、本拠の位置(自宅等)から2キロメートル以内の 場所を自動車の保管場所と定め、 保管する場所を管轄する警察署に自動車保管場所証明申請(通称:車庫証明)が必要になっています。

自動車の保管場所証明申請(通称:車庫証明)は次の状態になったときに必要になります。

○ 新車、中古車を購入した場合

○ 他人から自動車を譲り受けた場合

○ 住所が変わった場合  

このような場合、運輸支局にて名義変更や住所変更の手続きが必要です。そのときに絶対に必要になるのが車庫証明(自動車保管場所証明)なのです。

この車庫証明がないと、いくら自分に所有権があっても名義変更や住所変更の手続きができないのです。では、なぜ、車庫証明が必要なのでしょうか。それは保管場所(車庫)もないのに自動車がどんどん増えていったら、 保管する場所がなくなり道路上に違法駐車の自動車があふれ出るからです。

そのようなことが発生しないように、「自動車保管場所の確保等に関する法律」により 、自動車を購入した場合や譲り受けた場合、 また、住所を変更した場合に車庫証明の手続きをとらなければ名義変更や住所変更ができない仕組みになっています。

また、軽自動車の場合、軽自動車を登録後に、車庫届出、というものが必要な区域があります。滋賀県の場合、旧志賀町を除く大津市、草津市、彦根市です。

もっと詳しいこと、料金等は、こちらの車庫証明専用ページをご覧ください。

2019.07.17 Wednesday